FX自動売買(EA)の運用結果と検証

FX自動売買ツール(EA)の運用結果を検証しています。

【Forex Flex EA】今週の運用結果 7/27~8/1

f:id:muzanomad:20200801075402p:plain

今週の結果まとめ

  1. 損益 → プラス18ユーロ、約+5.0%の利回り
  2. トレード分析指標 →取引回数は平常
  3. EAの稼働設定→このまま継続
  4. トレード環境
  5. オススメできる海外製EA

レビュー:海外で人気のFX自動売買ツール(EA)おすすめ3選【想定外の高品質】

レビュー:最強の無料EAサイト選び方+おすすめ3選【MT4でFX自動売買しよう】

1.【Forex Flex EA】損益

f:id:muzanomad:20200801075645p:plain

今週はトレード回数は合計で28回。
今週は少し多めでした。

「BigDefault」が105.656から104.36まで5ポジションを買い下がり。さらに下落していた場合、大きなロスカットが発生していた模様。なぜ、この場面で買っているのかは不明。検証の必要あり。

来週もこのままの設定で稼働していく。

2.トレード指標分析

通貨ペア別(4通貨ペアで稼働中)

f:id:muzanomad:20200801075516p:plain

4通貨ペアで取引を行い、USDJPY以外はフツーといった感じ。

取引時間別(緑:勝ちトレード、紫:負けトレード)

f:id:muzanomad:20200801075556p:plain

時」「9時」「17時」「19時」がトレード数が多くなる傾向がある。
これは、「アジア」「欧州」「米国」の各株式市場の寄付時間にあたる。

稼働通貨ペアを少なくしたので、取引時間のばらつきも少なくなった模様。

ポジション保有期間(緑:勝ちトレード、赤:負けトレード)

f:id:muzanomad:20200801075720p:plain


1時間以内に、ほとんどのトレードが決済されている。もっとも長いポジションで、4日と6時間。これはUSDJPYを週初から週末まで保有し続けたもの。

エントリータイミングがあっていれば、短時間のうちに決済される。

3.EAの稼働設定

稼働ストラテジー

「BigDefult」「Scalper」

稼働通貨ペア

「EURUSD」「USDJPY」「AUDUSD」「EURGBP」
※「BigDefult × 4通貨ペア」と「Scalper × 4通貨ペア」の合計8パターンのEAを稼働。

参考記事:【脱初心者】Forex Flex EAをMT4に設定して稼働【画像15枚で解説】

参考記事:Forex Flex EA初心者が『絶対』知っておくべきパラメーター設定を解説

4.トレード環境

  • 利用しているFX会社は【Tickmill】
  • 利用しているキャッシュバックサイトは【RebateKingFX】
  • 利用しているVPS会社は【WIN-VPS.com】ロンドンサーバー

5.オススメできる海外製EAのレビュー記事